コンプライアンスを守るデータ復旧サービスやオンラインストレージ

IT

安全対策のすすめ

Eメール

社内で使用する頻度が高いウェブメールは、安全対策を行なった上での導入が必須です。セキュリティ面ではもちろんのこと、標的型攻撃やなりすましなどに対応したサービスを選ぶようにしましょう。

容量の確認

男女

オンライン上でファイル共有ができるオンラインストレージは、自社内でのやり取りだけではなく取引先と連携して使用できます。サービスを選ぶ際は、必要な容量を満たしているものを選んで使うようにしましょう。

データの安全救出

ハードディスク

誤動作や老朽化に伴い、データ消失が起こる可能性はどこの企業にもあります。人為的なミスで発生する問題ではないので、普段からインフラや設備のメンテナンスは必要不可欠です。ただ、それだけではなくデータ消失が起こった際の対策フローを固めることも同じように重要です。データ復旧は扱い方を間違えると完全に削除されてしまう可能性もあり、取り出すことができない事態を招きます。このようなリスクを背負う前に、正しいフローを構築・共有したうえで対策を講じるようにしておきましょう。

データ復旧が必要になるトラブルは、基本的に業者へ修理サービスを依頼するのが基本。トラブルの原因や扱いがわかるプロに依頼した方が安全かつ迅速にデータを取り出すことができます。ただ、この時に注意しておかないといけないのは、業者の選定でサービスの質が変わることです。専門業者とは言っても、実績やノウハウに差があります。ですから、トラブルレベルによっては解決できないところもあるので、十分注意をしないといけないのです。

データ復旧を依頼する業者の選定で見ておきたいのは、実績。法人が依頼する際は、法人専用に受付しているところが安心でしょう。実際、大手企業の修理実績を持っている業者はかず多く存在するので、事前に確認しながら選んでいきます。さらに、データの取り扱いについて安全対策がなされているかどうかの確認も大事でしょう。プライバシーマークを持っているところでれば、規格に則ったフローでデータの取り扱いをしてくれるので、紛失や流失といったリスクを軽減できます。

業務を円滑にする

ネットワーク

業務を円滑に進めることができる販売管理は、クラウド上で使用できるものが人気です。メーカーを合わせれば関連システムと連携させることが可能ですし、容量を増やすのも簡単だから使いやすいです。