コンプライアンスを守るデータ復旧サービスやオンラインストレージ

メンズ

安全対策のすすめ

Eメール

社内・他社など多様にやりとりすることで用いられているウェブメールは、気軽にメッセージやデータ送信ができることで使われていることでしょう。各企業では使い勝手のいいものを選定した上で、社内ですべて指定をしているところがほとんどです。ただ、このウェブメールサービスを使用する上では、どうしても安全対策を考えず導入されることが多いです。それは、業務上で使い勝手のいい会社のものが選ばれるからであり、やりとりする内容が漏えいすることを想定しないままに導入されるからです。業務上で使用する頻度が高いウェブメールこそ、安全対策は必須であり高いセキュリティサービスの範囲内で行なう必要があるので見直しをしておきましょう。

ウェブメールのサービスを選ぶ時は、できる限り法人専用のサービスを提供しているところを選んだ方がいいでしょう。まず、メールサービス自体、個人向けに提供しているものもあります。ここではセキュリティレベルを考慮せず、利便性を追求したものがまぎれているので注意する必要があります。
もちろん、セキュリティレベルが低いからと言って、必ず情報漏えいが起きるわけではありません。ですが、漏えいのリスクが少しでも高いサービスを選ぶことは企業にとってリスクを背負うことと同じなので十分考慮する必要があるでしょう。特に標的型攻撃やなりすましなどはどんどん進化しているので、専門対策を行なっているウェブメールサービスを選ぶのが安全です。