コンプライアンスを守るデータ復旧サービスやオンラインストレージ

メンズ

容量の確認

男女

自社間でファイル共有やコミュニケーションを円滑に行なうためのツールとして選ばれているオンラインストレージは、企業の導入率が高いです。サーバ内でのやりとりは、どうしても専用のネットワークを使ってやり取りをしないといけないため、使用する場所が制限されます。しかし、オンラインストレージなら専用回線であっても権限があれば使用できるようになっているため使える場面が多いところが魅力です。

オンラインストレージは、自社間だけではなく取引先とのやりとりにも使用できる優れもの。今まではメールや外部のファイル共有サービスを使用してやりとりされることが多くありましたが、これではセキュリティ面で問題が生じることが多くありました。しかし、オンラインストレージなら権限設定にSSL通信など安全性の高い機能が搭載されているので、不正な外部アクセスの影響を受けることなく使いこなすことが可能です。

各社でいろんなサービスが展開されているオンラインストレージは、利用目的や用途に合わせて選ぶことが重要です。特にデータを保管する上では容量の問題が大きく作用します。ですから、利用に適した容量の指定ができるところを選ぶのが必要でしょう。また、オンラインストレージ上のデータが突然消えるといったトラブルに備えて、自動バックアップ機能が搭載されているサービスがあると、運用面で安心です。企業で導入を検討する際は、実際の機能性と費用面の両面を見た上で、一番使いやすいものを選ぶようにしましょう。